2019年01月20日

第15回演習 2019年1月18日(金)最終回

作品発表会 (午後2時から3時20分 2号館4階410号室)
◆演習を通じて気付いたことを振り返る

〇発表会前の最後の仕上げ
学生は、発表会までのこの一週間、本当に頑張りました、発表会当日の教室は緊張感が漲る。
37.jpg
木下講師は、音調整や編集のしあがりを確認するため、午前中からサポート体制をとる。
36.jpg

〇発表会
6.jpg
発表会は、2時から3時20分 2号館4階410号室
1.授業紹介、協力団体紹介
2.作品発表
 ・メンバー紹介
 ・作品見所紹介(構成担当)
 ・試写
 ・ゲスト感想
 ・制作者感想
3.終りのことば

●午後2時発表会開始 (市民テレビ局から10名の参加があった)

見城先生挨拶
33.jpg







送り手の視点から番組を捉えなおすことをコンセプトに演習を行ってきました。
授業の狙いは、作る人間の表現力と通過している吉祥寺・三鷹の街を普段と違う視点で様々な人々にインタビューしたり数々の出会いを経験すること、番組を作る過程を大事にしていますので、そこをご理解頂きたいと思います。

1班 チームラポ  小松さん、保科さん、堀永さん(遠藤さん欠席)
2ラポ.jpg
☆チームコメント:昨年、吉祥寺に新たな映画館が産声をあげた。その名は「UPLINK吉祥寺」。現在は廃れてしまったその文化を時代のニーズに合わせた形で甦らそうと奮闘する彼らの挑戦を紹介します。


☆番組を見て 参加者から
13.jpg
・ナレーションが良かった。ナレで構成されている番組ですね。
・よく出来ている
・映画館の昔と今の比較が分かり、ナレーションに誘導されながら最後まで見た。
・昔は映画を見たが、今は見なくなった。番組を見てアップリンクに行きたくなった。
・吉祥寺駅の看板が手持ちで揺れている。三脚を使いましょう。

☆メンバーから 
・ディレクター 保科
14ラポ14.jpg
吉祥寺と映画の文化の関連を大切に制作した。メンバーに恵まれたありがとう。大学時代のいいもいでになった。



 ↓ 編集 堀永
15 rapo.jpg
最初のテーマはクリエイターだったが断られた。企画だけでなく相手のことも考えていくことを学んだ。編集を担当したが、もっと、いろんなシーンを撮ってほしいと言えば良かった。

↓ ナレーション 小松
16 rapo.jpg
ゼロからのスタートになり追い込まれたが、メンバーに感謝している。ナレーションの伝え方、使う言葉など。ナレーションに初めてふれて面白いと思った。番組を見る視点が変わった。




2班 あはあか タイトル「吉祥寺にねこ」
3 あはあか.jpg










☆チームコメント:今年10年目を迎える「吉祥寺ねこ祭り」をご存知ですか。なぜ吉祥寺にねこなのでしょうか。そのカギは武蔵野市の地域猫が握っていました。「吉祥寺にねこ」の背景に迫りながら、吉祥寺とねこの文化についてお伝えします。

☆番組を見て 参加者から
12.jpg
・いろんな人のコメントが良かった。
・目を閉じて言葉を聞いていた、目を開けると画面がいきいきしていた。良くできている。



10.jpg
・カメラは大変なのに、いい映像が撮れている。
・猫まつりを初めて知った。いい企画ですね。猫の愛らしい映像が良い。




☆メンバーから
・ディレクター 粟河
17 あは.jpg

猫も一つの命だと実感させられた。




 ↓ 編集 阿藤
19 あは.jpg

猫ブームの明るいテーマから地域猫を考えるのは難しかったが、いい経験になった。


↓ナレーション 西澤18 あは.jpg

何気ない可愛い猫を考えていたが、明るいだけじゃないものを入れて作るのは大変だと知った。


↓ カメラ 山村
20 あは.jpg

一言で言うなら大変だった。いろいろな角度から考えながら撮ったが、いろんなアングルがあると知り考えさせられた。いい勉強になった。





3班 inastagram タイトル「吉祥寺と音楽 〜吉祥寺音楽祭を支える人々」
4 innsuta.jpg









☆チームコメント:街づくりの一環として始まった吉祥寺音楽祭は毎年進化を遂げ、多種多様なアーティストが集い、今年は第33回目を迎えることとなりました。吉祥寺音楽祭に携わっているのかその真相に迫り、吉祥寺音楽祭の魅力と共にご紹介します。

☆番組を見て 参加者から
11.jpg
・だれずに最後まで面白く見た。素晴らしい活動。
・企画も構成も素晴らしい。インタビューの撮り方も良い。


44.jpg

・オープニングの手が可愛い。このアイディアは思いつかない、自由な発想が素晴らしい。





☆メンバーから
・ディレクター 高橋
21 in.jpg
インタビューをいくつも撮ったが、スケジュール調整が大変だった。時期的に吉音のステージが撮れなかったので、沢山の方から素材の提供をして頂いた。実際作ると7分半は大変でした。

 ↓ナレーション 杉崎22 in.jpg


今、音楽はイヤホンで聞くのが主流だが、吉音はアーティストや実行委員会の方々のサポートがあり作られていることを知り、音楽の原点を知ることが出来た、ナレーションはいい経験だった。

↓ 編集 中村
23 in.jpg
いろんな人にインタビューをさせてもらった。会うまではドキドキ。実際あうと優しい。編集は初めて、7分半の中に入れたいものが沢山あって、選択が難しかった。

 ↓ カメラ 伊藤
24 in.jpg

地域密着の音楽祭は初めてだったので、ちゃんと番組にできるか不安だったが、感動して貰って嬉しかった。自分も来年は行ってみようと思うワクワク感がある。



●発表会後教室に戻り、見城先生と講師からから指導
29.jpg










28.jpg













〇講師たちからのメッセージ
<木下裕彦 講師>
42.jpg






今回は、3チームでの演習でした。

43.jpg


制作テーマから内容を絞っていく途中で困難もありましたが、作品制作は学生さん達の努力もあり無事に進行していたと思います。その甲斐もあり、出来上がった作品も満足いくものだったのではないでしょうか。今回の作品制作を通じて、いろいろな学びを得ていただけたら嬉しく思います。


<杉山祐介 講師>

40.jpg



発表の場はいくらでもあります。今回の映像制作で学んだことを活かして

次の作品を作ってください。



<原きよ 講師 ナレーション担当>

38.jpg

初めて、授業に参加させていただきました。
私は「ナレーション」の部分的なところでしかご指導できませんでしたが、
若い方の吸収する力に触れることができたことが嬉しかったです。
39.jpg

時間が足りなくて、私としては指導不足の感が残り、残念でした。
もっと関わりたかったです。
18日の発表も仕事と重なって伺えませんでしたが、ライングループでの
活発なやり取りを拝見し、見城先生や、市民テレビスタッフのサポートも
この授業を続けてこられた大きな力であろうと思いました。

ただ、最後の追い込みがかなりバタバタして大変そうでしたね。
きっと反省で出たとは思いますが、先を見越して、計画的に進めていくこと、
これはどの仕事も大切なことですが、そのことを一番、学んだのではないかと思います。
また機会があれば参加いたします。 番組を楽しみにしています。

<井上俊子 講師>

41.jpg

12人の学生の皆さん、見城先生、本当にお疲れさまでした。えられたテーマからチームで話し合って企画を立てて、7分半のテレビ番組を制作することはとても大変な事です。発表会で皆さんの番組を拝見し、限られた時間の中でよくここまでまとまった番組をつくりあげたなと感心いたしました。見ている人たちが、短かったと感じるような番組を制作したことに自信を持ってください。

<事務局 土方弘子>

32.jpg


発表会を大成功で終えることがきた。今回も学生から多くを学べたことに感謝していなす。
2月21日からのオンエアを楽しみにして欲しいと思います。


〇発表会を終えて 最高の笑顔!
25.jpg
26.jpg
27.jpg

〇発表会に参加してくれた市民テレビ局の皆様と!
RIMG0125.JPG
〇オンエアは、2019年2月21日からです。ご覧くださ〜〜い。
  番組の放送は、地上波はジェイコム武蔵野三鷹11Ch
  ウエブは、市民テレビ局HP 及び 市民テレビ局ユーチュブチャンネルでご覧頂けます。
IMG_6989.jpg



***** ブログ wrote  土方 ****
ありがとうございました。

2019年01月13日

第14回演習 2019年1月11日

■番組制作実習2(「吉祥寺と文化」を番組にしよう)
▽編集への助言
▽番組を見ながら、講師のアドバイスを受けて番組を完成させる。

次回18日の発表会に向けて、追い込みの作業を行う。
IMG_6966.jpg

2018年12月21日から年末年始を経て、各チームがどこまで編集を進めているか、各チームの進み具合を見ながら、18日の発表会までの1週間で完成させるための指導を行った。

★各チームのタイトルと内容
●1班 チームラポ  遠藤さん、小松さん、保科さん、堀永さん
タイトル「映画館が吉祥寺を楽しくする」
昨年、吉祥寺に新たな映画館が産声をあげた。その名は「UPLINK吉祥寺」。現在は廃れてしまったその文化を時代のニーズに合わせた形で甦らそうと奮闘する彼らの挑戦を紹介する

●2班 あはあか  山村さん、阿藤さん、粟河さん、西澤さん
タイトル 「吉祥寺にねこ」
今年10年目を迎える「吉祥寺ねこ祭り」をご存知ですか。なぜ吉祥寺にねこなのでしょうか。そのカギは武蔵野市の地域猫が握っていました。「吉祥寺にねこ」の背景に迫りながら、吉祥寺とねこの文化についてお伝えします。

●3班 inastagram 中村さん、伊藤さん、杉崎さん、高橋さん
タイトル「吉祥寺と音楽 〜吉祥寺音楽祭を支える人々」
街づくりの一環として始まった吉祥寺音楽祭は毎年進化を遂げ、多種多様なアーティストが集い、今年は第33回目を迎えることとなりました。吉祥寺音楽祭に携わっているのかその真相に迫り、吉祥寺音楽祭の魅力と共にご紹介します。

■チームの現状と完成までの課題
●1班 チームラポ  「映画館が吉祥寺を面白くする 」
IMG_6969.jpg
番組の入りから尺調整のこと、インタビューの調整、
IMG_6949.jpg
テロップの整字と残り30秒の映像と音の調整が必要。エンディングの作成。
IMG_6962.jpg



●2班 あはあか タイトル 「吉祥寺にねこ」
IMG_6959.jpg
地域猫のナレーションが唐突に出てくる。ナレーション原稿を整理すること。
 ⇒ ナレーションについて見城先生が指導を行う。
IMG_6964.jpg
インタビューが長いので関連する映像をインサートする。
IMG_6954.jpg
猫の会の映像をもっとないか。パンフレットなど。


●3班 inastagram  タイトル「吉祥寺と音楽 〜吉祥寺音楽祭を支える人々」
IMG_6951.jpg
ほぼ完成の状態で試写。「吉祥寺と音楽」という番組だが、発表会の静止画のみで音源がないのはどうか。関係者から動画を提供して貰い、吉祥寺音楽祭を音源を使って表現してほしい。
 ⇒ 持田氏より音源、動画の提供を頂く
IMG_6967.jpg

テロップが大きい(テロップの処理、位置など調整が必要)
写真も画面いっぱいに取り込んでいるので、編集画面の二重枠内に収めること。
インタビューのノイズが多い。必要な部分のも取り込み、ナレ処理が良い。


★木下講師からアドバイスと連絡
IMG_6963.jpg
各チーム共6割の完成度。これからBGMを入れるが、BGMで番組の印象が大きく左右されるので、修正部分と同時進行で進めること。15日、16日、17日はヘルプに対応しますので、ラインで連絡してください。

【連絡事項】
〇1月18日(金)作品発表会の次第
発表会は、2時から3時20分 2号館4階410号室
@授業紹介、協力団体紹介
A作品発表
 ・メンバー紹介
 ・作品見所紹介(構成担当)
 ・試写
 ・ゲスト感想
 ・制作者感想
C終りのことば

【記録雑感】
各チームとも、授業終了後も編集を続けている。あと1週間で発表会となるので、本当に大変だと思いますが、チームで力を合わせて完成させてください。ドキドキしながら、待っています。

2018年12月22日

第13回演習 2018年12月21日(金)

■番組制作実習2(「吉祥寺と文化」を番組にしよう)
▽編集への助言

チーム活動
編集も、この時期までには映像を並べ終え、粗編位まで進んでいないと厳しい。
見城先生、木下講師たちもチームの現状を把握しながら、きめ細やかな指導を行う
1.jpg
3.jpg
学生も真剣。机上には、複数のパソコンが並び、携帯でリサーチするメンバーたち。

1班 チームラポ  遠藤さん、小松さん、保科さん、堀永さん
★タイトル「薄れつつある文化を未来へ繋げる映画館「UPLINK」
12.jpg
順調に編集が進んでいる。編集の効果を狙う試みに挑戦。笑顔がこぼれる
2.jpg
11.jpg
編集と同時進行でナレーション原稿作成を行う。

2班 あはあか  山村さん、阿藤さん、粟河さん、西澤さん
★タイトル「吉祥寺とねこ」
カメラとディレクター2名で吉祥寺南口の保護猫カフェ「きゃりこ武蔵野店」を取材。
8.jpg
取材に先立ち、見城先生と木下講師から、構成の確認とインタビューの質問など具体的な助言を受ける。
4.jpg
編集者とナレーターは、編集とナレーション原稿作成を進める。
10.jpg
ナレーション担当は、22日原講師のナレ指導を受けるため、木下講師のアドバイスを受けながら、ナレーション原稿作成を行う。

3班 inastagram 中村さん、伊藤さん、杉崎さん、高橋さん
★タイトル「吉祥寺と音楽 〜吉祥寺音楽祭を支える人々〜」
5.jpg

インタビュー原稿起こし、具体的な内容がチームで共有できる状態で構成を検討。
地道な作業を進めながらの編集である。ナレーション原稿のすり合わせ。
IMG_6794.jpg
6.jpg
取材映像の切り出しはこれから、時間よ止まれ・・。

〇木下講師から編集に際しての注意事項
編集が終わる前にナレーションを撮らないこと。
ナレーション原稿は、編集がほぼ固まった状態で作成すること。
BGMはフリー音源厳守。

【記録雑感】
まだ、編集全体が見えない現状では、編集への具体的な助言が出来ない。
後期は年末年始が入るので最後の追い込みでどのチームも大変なことになるが、
今年は1周遅れの状態。ラストスパート全力疾走で頑張って!